読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

40代からのファンデーション選び

40歳を過ぎて悩みが増えた肌のためのファンデーション選び

40代にちょうどいいカワイイを作るファンデーション

40代ってちょっと微妙で

特に前半の方は、大人っぽくしたいというより

少し可愛くしたいという人も多いんじゃないかって思います。

 

私自身、

30代は仕事やスキルアップに忙しくって、ベースメイクもほとんどなし、

髪の毛もずーっとショートにしていました。

 

40代になって、突然髪を伸ばしたくなり、

白髪染めや縮毛矯正でかなり苦労しながら伸ばしてみたりしました。

裾にカールを作って、なんとなく可愛い感じを演出してます。

 

自然と頬がこけてきたり、クマなど影になる部分が増えるため、

チークやハイライトを入れたりとか・・・

 

そう、年齢とともに、もともと持ってるはずの少女の可愛さがなくなってしまうんですよね。

 

それを、補うためにプラスしていきたくなるのが40代。

 

まだまだ可愛さを作れる年代なので、自分が納得のいく範囲で作っていったらいいかなっと思います。

 

鏡リュウジさんが言っていたんだけど、ピンクは女性にとっては愛の女神を味方につける作用があるんだとか。

 

それも、さりげなく用いて、相手の潜在意識に働きかけるほうが効果的とか。

 

ほとんど白いんだけど淡いピンクのブラウスとか、小さなペンダントがピンクとか。

 

ファンデーションがなんとなくピンク味を帯びているとか♪

 

実は、私はそんなファンデーションを知ってます。

 

実際手に取ると、そんな感じはまるでないんです。

 

ですが、付けて時間が経った肌をみると、お風呂上がりのような上気した肌になっている。

 

たぶん、いつも自分の顔を見ているので、夕方になったら、どのくらい自分の肌がくすむかってことは、脳にインプットされているんです。

 

だから、そのファンデーションを使い、夕方になって肌をみると、衝撃!くらいの感動があります。

 

くすんでいるはずの肌が、ピンク色に上気しているんですもん。

 

あきらめかけていた、淡い桜色の口紅や、超ナチュラルメイクにも挑戦できるかもしれませんよ~♪

 

こんなことエピソードとしてあげたら、「よくある話だよね」って言われそうなんですが・・・

 

当然このファンデーションで肌を褒められたことは数えきれません。

 

めちゃめちゃ辛口な男性にも

 

肌はキレイ。」

 

って言われたりもしているので、お世辞だけではないはずです。

 

当然、同級生の同性にも羨ましがられてます。

 

まぁ、教えてませんけどね(^_-)-☆

 

私に関係ないアナタにだけ教えますね♪

 

そのファンデーションはコチラ>>で詳しく紹介されています♡